ステーキハウス听のこだわり

01 アメリカでの出会い

アメリカのNY・Omahaへ牛肉の視察に行った時、ドライ・エイジングビーフに出会いました。 何とも言えない、甘く香ばしい香りを忘れることができず、それからは日本でドライ・エイジングビーフのステーキを扱うために国内を奔走し、勉強を重ねましたが、一朝一夕で最高の商品を開発できるわけではありません。
もちろん使用したい肉は、特有の旨みが詰まった霜降りの和牛でしたが、その霜降りがエイジングの香りの邪魔をすることに気づいたのです。
また日本狭しと駆け回る日々が続きました。

アメリカでの出会い

02 平松牧場との出会い

平松牧場との出会い
平松牧場との出会い

その甲斐が実り、ある日鹿児島県で3,000頭の和牛の繁殖牛を経営している平松社長に出会いました。
そして、平松社長より「和牛への愛」を注入していただき、ドライ・エイジングに最適の和牛を作ることに成功したのです。
おかげで世界で一番美味しい和牛のドライ・エイジングビーフのステーキを皆様に提供出来るようになったと自負しております。

03 上野さんとの出会い

京都・京北町の上野さんという農家さんとの出会いが、私の京野菜・お米への考え方を変えてくれました。
他にない野菜や、食したことのない旨み、どれも新鮮な出会いでした。
ステーキハウス听は平松牧場の和牛の他に、契約農家の上野さんの彩り豊かな京野菜にも支えられているのです。

上野さんとの出会い

京都市認定生産者
エコファーマー認定者

04 お客様との出会い

当店はご来店された全てのお客様に、美味しいドライ・エイジングビーフとこだわりの京野菜を笑顔で心地よく食していただけるよう、丁寧なサービスをさせていただくように心がけております。
しっかりと熟成肉の魅力を伝え、『肉』を知っていただき、家庭では味わえない、お肉の旨味を引き出す技術力をご堪能ください。

お客様との出会い
听のショップコンセプト

SHOP INFORMATION

採用情報

ページトップへ戻る